すべてのひとに 花を♡


DSC_8909.jpg


どんどん朝H(help&happy=訪問介護・障がい者支援)
の担当が・・増えてきている今日このごろ。

自身の時間管理はだいじょうぶなのか不安は高まりつつも
今、できること、とにかくやってみる!
最前線の現場から気づきを得たい、能力を高めたい。
そして、微力ながら笑顔が生まれる
お手伝いができたら・・そんな日々。

TOKYOの桜は、
昨日の強風で
さすがに散ってしまった箇所も多いかと想いますが
今年もほんとうにきれいでした。

DSC_8917.jpg

2015-03-30 12.49.20.jpg


455820.jpg

93000.jpg

DSC_8914.jpg
 

訪問先や
外出・移動のお手伝いをさせていただいていた際

「桜をみて元気がでた。」「いやされた。」
なんてコトバをたくさん耳にしました。

お出かけが困難な方に
料理とともにそっと桜を添えてお出ししたら
うわぁとほほえみをくれました。

花がもたらすチカラってほんとすごい。
(とくに桜は)

食卓には 笑顔を、
すべてひとに 花を♡



DSC_8882.jpg

 
ぽてん EYES | comments(0) | trackbacks(0)
おつかれさまでしたっ
sakura2016.jpg


あたらしい門出や出逢いの季節。

道々のさくらは それぞれのシーンを温かく 見守ってくれているみたい。



以下画像は、
3月で閉店されることになった 飲食店 Veggie(ベジーさん)さん。

オーナーシェフ大熊美佐子さんがご開業から10年、
そしてご年齢70歳という節目で
たくさんの方に本当に惜しまれながら
(移転じゃなくて閉店なの?という電話をわたしも何本とったことでしょう。。)
ベジーを閉店なさることになりました。

DSC_0359.jpg

DSC_0362.jpg

Veggie HP: http://www.go-veggie.net/

美佐子さんからは、 たくさんのパワーをいただきました。
60歳まで ご主人のご家業をずっとサポートしながら
育児やご家庭を守っていらした美佐子さん。
60歳を機に、ご本人曰く 「やるっっきゃない!」と思いたって
飲食店を東銀座にご開業! 懐石料理のご経験などを生かしながら、
野菜をたくさん食べてほしい、 ベトナムで食べたおいしい料理を伝えたいと
店のコンセプトを固められた。

DSC_0367.jpg


ベジーさんの料理は オーガニックやヴィーガンと
シャープな切り口ではなく
つくり手とつながった 旬のみずみずしい野菜たちが
肉や魚とともにふんだんに提供されるスタイル。

はじめて お料理をいただいたとき(2007年)は
翌朝のカラダの変化(快腸!)を実感し、ずいぶんと衝撃をうけたものです。
それ以来、我が家の食卓にならぶ 、野菜の量は倍の倍になりました(笑)

何歳になっても、あたらしく物事を始めるパワー、
そして、おいしい旬の野菜料理を 食べてもらいたい、笑顔になってもらいたいという情熱。
そして・・なによりも・・ おおらかで温かいお人柄。

20070731_196490.jpg

DSC_0424_1.jpg


最終営業月に、美佐子さんの有終の美を
アシストさせていただけてしあわせでした。

おしまいは はじまりと同じくらい  たいせつ。
そして、
おしまいは  きっと あらたな はじまり!

 
ぽてん EYES | comments(0) | trackbacks(0)
人が人を♡

きょうから3月、は、はやいですっ

そういえばですが 数日前
昨年、介護初任者研修でともに学んだ
同窓生4人で集いました。...
研修(学校)の定員はたしか24名でしたが
実際にいま最前線で現場に出ている人は
受講者のうち30〜40%くらいのもよう。

集った4人はみんな最前線にいて
わたし以外のかたは特養や施設での常勤が主。
(わたしはピンポイントの訪問介護)
シゴト内容や勤務時間・悩みの視点も
異なる部分が多く、
同じ介護という職場でも
こんなにも違いがあるのかあと驚くとともに
いまを頑張る同窓生にエールを送りたくなりました。

悲しいニュースや過酷な労働環境が
報道される昨今。
ロボットの導入や大手異業種の参入とか
介護分野もいろいろあるけれど、
やっぱり、あたりまえだけれど
そこにいるのは「人」であって
「人」が「人」と対話して、
「人」が参っている「人」を支えあって
なんとかそこに笑顔もあって
のりこえていけたら。
(国の労働環境の整備は急務だけど)

命と向き合うたいへんなシゴト。

介護一本で仕事をしている人間ではない
なんちゃって訪問介護の未熟なわたしだけれど、
朝H(help&happy)時に
「ありがとう」という言葉と笑顔から
ものすごいスガスガシイなにかをいただいていて
あーきょうもがんばろうとおもうのであります。

3月もかけぬけよーー

画像はまったく関係ありませんが、塩麹漬け。
ぽりぽり。


IMGP9771.jpg


IMGP9766.jpg
- | comments(0) | trackbacks(0)
Hua Hin Hills Vineyard /タイ
 

Hua Hin Hills Vineyard

バンコクから南へ約200km

タイ湾を挟んでパタヤの対岸に位置するフアヒン。

街の中心地から小一時間ほど車で移動したところに

東南アジア最大級のワイナリーがあると聞き

訪ねてきました。

 



4.jpg





標高140210m

山と海からの適度な風がぶどう栽培に適していると

1980年代後半から土壌のリサーチや研究が行われ、

90年代に入ってから本格的にワインの生産がスタートしたそう。

540エーカー(1エーカー4046平米?)という広大さ!


歴史はまだ20年ということで

ワイナリーとしてはまさにこれからなのかと想いますが

ここに至るまでの道のり、

生産に携わられてきた方を想うと敬意を表せずにはいられません。


この数年でEUや欧米からの評価も高まり

輸出量も増えているそう。



シラーズやコロンバールをメインに30種ものぶどうを栽培。
以下画像は畑内に掲示されていた栽培MAP。


6.jpg







1.jpg






何もしないと年に2回も実をつけるぶどうは

こまめに剪定し年1回の収穫になるよう調整しているのだとか。

収穫時期は2月〜3月。まさにこれから♪




5.jpg







2.jpg








3.jpg







畑内を象の背中に 乗って巡るという、

エレファント・ライディングのほか、

丘の上に併設されたレストランでは

ワイン(ぶどう種)にあった料理(タパス)の提供や

テイスティングもしていたりして

「畑×食=豊かな時間」を感じさせていただきました。





8.jpg




9.jpg







10.jpg






ちなみにワイナリーに向かう道中には、

さとうきび畑や、パイナップル、パパイヤ、バナナ・・

ん?どっかで見たような景色。

あと、一見、水田?池?と想ったら

なんとエビの養殖場。干からびないのだろうかという水位。

ま、まさか、そのまま干しエビに・・?!(失礼しました)


 

12.jpg




畑やその周辺にある家屋などの景色は、

生産者さんの気質や風情がなんとなくあらわれていて、

どの国で見てもとても興味深くおもしろいです。

(きっちりしている人やおおらかな人など、お人柄がうかがえる!)


 

 

長いようで短かったバンコク。

今日 帰国します!!





11.jpg






- | comments(1) | trackbacks(0)
トンロー市場 お魚篇  @BANGKOK


バンコクは日本よりも▲2時間時差があるので、
ふしぎと得した気分になります。(笑)


朝ごはんを終え、
朝の連続ドラマ(NHK8時〜)を見終えても
バンコクタイムでは、まだ6時15分。
(ありがたいことに日本のテレビ、全局リアルアイムで見れてます)


7時過ぎに、
「今日はお魚屋さん出てるかな?」と期待を胸に徒歩5分のトンロー市場へ。


わ! 今日は 出店してるっ♡

DSC_0876.jpg
 

DSC_0873.jpg
 

DSC_0875.jpg
 

沖縄にいそうな魚種・・
DSC_0872.jpg
 

サバみたいなのも・・
DSC_0878.jpg
 

こちらのお姉さんは、ひとつひとつ エビをえりすぐり中♪
DSC_0870.jpg
 

お姉さん、かなりの量、ご購入予定!
DSC_0871.jpg
 

塩蔵しているっぽいものもありました。気になります。
DSC_0869.jpg
 

わたしは、エビとイカと鯵を(鯵と似ている魚種と信じ・・笑)籠にいれ、

「これください〜♪」

野菜と同様、魚も好きなものを好きなサイズ少量から買えるのはうれしい!


さて、いくらかな〜と思いつつ、
旦那さんが秤で軽量する姿をのぞいていたら

奥さんのほうが、さっと、軽量後の 鯵(のような魚)を取り、
下処理しはじめてくれている!!


ま、ま、まさかの、以前見たことがある、
魚の頭をグギーっと後転させたかのような、そこから頭切るの?的な
あのアクロバティックな下処理をしてくれてるのかぁあ?!と想いつつ・・
DSC_0867.jpg



 
家にもどってみてみたら、予想に反して ふつうでした(笑)

​鱗もひいてくれ、エラも内蔵もとってくださっていて、わぁ、ありがたや
​ん?なにか入っていると思ったら、腹子を残してくれていました♡
愛を感じます。

DSC_0882.jpg
 

死後硬直のイカってる感じはもうない感じ。
ひとまず3枚におろしてみました。
頭と骨と腹子をマース煮(潮汁)したら、風味も肉質も鯵っぽいです。


あぁ、生(なま)で 食べたいなー

お刺身 欠乏症です。

だいじょうぶそうな気がするけどなー

・・・軽く塩まわしておこう。 (場合によっては酢〆!)
DSC_0892.jpg

 

肉質やわらかそうなイカ。
イカそうめん か ほんとうにサッとボイルかな〜
 
DSC_0886.jpg


エビも とてもきれい。
DSC_0889.jpg


DSC_0891.jpg


全部で、195バーツ
(いまは1バーツ3.3円くらい)だから 650円弱。


タイの飲食店は、卸が間に入っていて、
築地や産地からday1くらい(注文翌日には魚が店に入る)
しっかり鮮度確保されているのに対して
小売のスーパーなどのお魚は、流通・仕入れがどうなっているのか・・
鮮度も魚種もときめくことが ほどんどないうえ、
高嶺の花(高値の花)で、なんとなく、魚は外でいただくもの・・
そんな日々を過ごしておりました。泣。

そんなこんなで、「ロスお魚」の日々でしたが、
今日で市場ですこし活路を見いだせたような・・

もっとタイ語も知って、お魚やさんに教えていただこう!!

あとは、わからないながらも、
やっぱり自分の目と舌とお腹の具合で判断し、
自己責任ということで トライ&エラー していきますっ♡

食は冒険なり!?

 
ぽてん EYES | comments(0) | trackbacks(0)
気軽に買えてうれしい!街角の市場 〜バンコク・トンロー〜


( 年末年始、タイ・バンコクに来ております♪ )

Facebookでは、先日、
バンコクの 「街のなかのグリーンたち(greens)」についてアップさせていただきましたが

今日は、市場(マルシェ)を^^

タイでの暮らしは、文化も風習も言語もまだ分からずで
よちよち歩き、七転び八起きの日々ですが、
うれしいことに、住居から徒歩5分のところで
毎朝、マルシェ(朝市)が開催されていることを知りました!!

国内外問わず、旅先での一番の楽しみは “その土地の「市場」を訪ねること!”
こんなにうれしいニュースはありませんっ。


バンコクには、 昔ながらの小売店から
道々に店を構える屋台、そして
スーパーマーケットやコンビニエンスストア、大型の商業施設まで幅広く多数あり、
世界各国の食材が日々手に入るので、正直びっくり。

日本メーカーのMADE IN JAPANの商品から、
日本がプロデュースしているアジアで生産された商品、
欧米、EU、ASEAN各国の品々ほか、 多種多様な商品が、
日本にいるより身近に簡単に手に入る気がします。

とても利便性が高い街ともいえそうですが、
やっぱり、“市場”がもたらす、
活気、LIVE感は別格です♪

14top


バンコク内には、​食材や屋台だけでなく、ファッション、美容グッズ、雑貨などまでも
販売する大型市場もいくつかあるようですが、
徒歩5分の朝市は、食材を主軸にしたコンパクトな市場。

開催スペースとしては、
夜間は飲食店などが営業する軒先と
駐車場のような場所を活用し、
規模感としては、出店者が20~25くらい。
私が訪ねたときの​アイテムの比率は、野菜&果物系が6割、肉(豚・鶏)・魚が1割、
​加工品(漬物)・おかゆ・伝統菓子・惣菜などが3割といったところでしょうか。

2

 
日本人を意識した商品選定の店も。
5

 
青長なすは、炒め煮したら、皮と肉質が一体になってとろけるおいしさでした
32ヤサイ

 
スーパーの商品が、
きれいに袋詰めされ(しかも中のヤサイの状態が見えにくく)販売されているのに対し
こちら市場は、
好きなものを好きなだけ、目で見て香って、手にとり、計り売りしてくれるので
ほんとうにありがたく感じます。
コトバは確実に伝わらずとも、対話しながら購入できること、​​
少しずついろいろな食材を試すことができることも、ほんとうにうれしいっ♡
31ヤサイ
 
33ヤサイ
 
10



以下画像のショウガは、
緻密でやわらかい肉質のうえ、ビシっとくるシャープな辛さが美味しかったです。

下の細いほうもショウガの仲間かなと思って買ってみましたが
上のショウガと比較すると
香りも風味も弱く、高麗ニンジンみたいな薬効を
期待したくなるような風味。​​​​(これは何? 不明・・笑)
35ヤサイ



安納芋に姿が似ている、サツマイモ。別の売り場では紫芋・紅芋も売ってました。
次回、チャレンジしたいです。​
38ヤサイ




​「タロイモおいしいよー」とお兄さん。

​こちらは 沖縄の田芋と似ている食味で おいしかったです♪
6



​お漬物や加工品。調味料はただいま学習中です(笑)
7


19惣菜



フルーツは 沖縄でも栽培されているものから
初めてみるものも・・!
9
 
13


こちらは、「ローズアップル」
サイズは、ピーマン大くらい。
​つやつやした姿が美しい! はじめて知りました!
28フルーツ


「どうやって 食べたらいいの?」とお兄さんに尋ねたら・・・

oniisan

​「そのまま ガブリだよーっ」と。(笑)
(一瞬、1曲、なにか唄いあげてくれるのかと想いました・・)​



​こちらは「ポメロ(ソムオー)」を剥いて販売している方。

16フルーツ

17フルーツ

玉のサイズはグレープフルーツよりも大きめ。
果肉は、グレープフルーツとはっさくの中間のような緻密さと水分値で
酸味はグレープフルーツよりつよくなくて、ほんのりやさしい味わい。
後味・余韻が(変な表現かもしれませんが)、
スポーツ飲料のような感じで、
のどを潤したいときや、寝起きにパクリとつまみたい、
うるおい補充型フルーツと位置付けたい感じでした♪​​​

18フルーツ


こちらは、お肉やさん。
親子で切り盛りされているようで、ほほえましかったです。

お母さん、やはり、仕切ります。
27肉

お父さん、やはり・・もくもくと さばきます。
26肉

おにいちゃん(息子さん)・・お手伝い、えらいです。
恥ずかしそうにしていたので、写真はご遠慮。


「はいっ」と絶妙のタイミングで
籠と袋を手渡され、
ほしい部位を、ほしいだけ、籠のなかへ。

24肉

かなり圧巻の陳列。。​
​鶏肉たち、鶏肉たち、鶏肉たち。。ある意味アートですね(笑)。

25肉23肉


こちらは豚肉やさん。

22肉


お魚は少なくて残念でした。(脱走を試みるほどのイキのいい蛙はいましたが・・)

15魚12
 
現地のご婦人たち。
 
この賑わい、萌えます!!!!!

20買い物シーン
 

好きなものを好きなだけ。
 
この時は
日本で定番でありそうなヤサイたちをあえて選んで、タイと日本を比較♪
36ヤサイ


お会計。

​お兄さんとお姉さんが2人コンビになって
秤で軽量しつつ、計算してくれました。
(お兄さん、やせすぎです)
37買い物風景


以上 バンコク・トンローの街角の朝市でした^^


日々の営みやひとの温もりが感じられる
こういう空間をもっともっと知りたいです。



ことしも残すところほんとうにわずかですね!​
みなさまに心あたたかな平和な年が訪れますようお祈りしています。

ご縁に感謝をこめて​♡

 
ぽてん EYES | comments(0) | trackbacks(0)
お礼とご報告
sora


●御礼とご報告●
 

すみませんっ
きのうは、現場に入ったり
たいせつな方の転機(レセプション)があり...
黒子をしていたりで、失礼をしてしまいました。

誕生日の温かいメッセージをたくさんいただき感激です。
ほんとにありがとうございます〜っ
・・なのに、レスおそくすみませんっ!!<m(__)m>

いやぁ〜
すっかりイイオトナの年齢になりました(笑)
バナナに例えるなら、
もうシュガースポットでまくり状態ですね。

今年は、夏に主人が海外転勤となり
離れての生活が始まったり
社会福祉(高齢者の訪問介護)を
自称「朝H(エッチ)」=Help&Happyとして
ルーティンで始めたり、
いろいろな変化やチャンレンジしてます。

“変化“があったとき、はじめて
“ほんとうに大切なコト、
 大切なモノってナニ?”・・って
きづけたりするんだなぁと実感。

さて、これから どうなるか、どうするか!

おココロある方々に支えて頂いての日々・・
いろいろ考えさせていただきつつ、感謝しつつ、
一歩一歩前にむかっていけたらと想っています。

こんなわたしですが今後ともよろしくお願いいたしますっ

個々に頂戴しました お誕生日メッセージ、
追って御礼・返信させてくださいませ!

取り急ぎで失礼しますっ


<facebookより>

ぽてん EYES | comments(0) | trackbacks(0)
グラパラリーフへの想い


すくすく
 



2015年初夏・・

キッチンカウンターに置いていたら

かわいく芽吹いたグラパラリーフちゃん。


その後・・

我が家の地味〜なプランター栽培で 

すくすく育ってくれました!


秋にはこんなに大きく成長し・・

グラパラリーフ


ついに食卓へ!!!


さらだだ



 

芽吹いたときには、愛情が芽生え...

大きく実れば、食欲が芽生える。




 

にんげんって勝手なものです。汗。



ありがとうっ  そして、 恵みに感謝していただきますっ



<facebookより>

- | comments(0) | trackbacks(0)
ベビーキウイ
korori


手のひらに ころん。

盛り付ければ、

翡翠色のキャンディのよう。


midori


かわいくて おいしい!

魅力的。

ベビーキウイ!



<facebookより>
 
- | comments(0) | trackbacks(0)
高知県日高村のオムライス街道
おこさまランチ レストラン高知2014 

尊敬する女性起業家のお一人でもあり、
かねてより応援させていただいている
高知県 日高わのわ会 安岡千春さんが立役者でもある
(飲食店としてもご参加)“オムライス街道”が、
今朝のTBS番組「あさチャン!」で
ステキに取り上げられていました^^

チャーミングな安岡さん
*安岡千春さん


オムライス街道map

*オムライス街道map例


過疎化がすすみ、県内でも知名度が低く
通りすぎられてしまいがちな「日高村」に活気と笑顔をー。

産品である「トマト」を生かし、その料理として
「オムライス」を提供する「街道」を昨年立ち上げ
今では、県内外からのお客様もたくさん増えた村。

「村の野菜を知る人が増えた」
「村に関心を持ってくれる人(若い人)が増えた」
「道の駅、飲食店に活気が生まれた」などなど
すてきな声が番組内にもいっぱい吹き込まれていました。

村の人たちが守り続ける仁淀川も
四万十川とは異なる風情で
街道を訪ねる際の大切な風物詩。

ずっと佇みたくなる仁淀川

ここに至るまで、そしていまもなおその課題や
影のご苦労はあられると想います!

お近くにお越しの方や機会に恵まれそうな方、
よかったら、ぜひお訪ねくださいませ♪
 

★黄色いハンカチ(しあわせの!)が
 オムライス街道参加店舗のサインだそうです〜
黄色いハンカチが目印

 

日高村オムライス街道:http://www.vill.hidaka.kochi.jp/omuraisu.html
NPO法人日高わのわ会:http://wanowa-hidaka.com/wp/


<facebookより>
Check
- | comments(0) | trackbacks(0)
Potency
archives