2009 桜前線  〜幼なじみと空を見あげた昼さがり〜
  
旧友と見上げるサクラ


幼なじみ の さとちゃんと 一年ぶりに再会した。

・・というか 再会できた!


というのも、その間 なんども会おうと約束していたのだが

家族が病気になってしまったり、

彼女が第二の父のように敬愛していたおじさまがお亡くなりになったり、

うっかり曜日を間違えていたり、シフトがうまくあわなかったり・・・

そんなこんなで 渡そうと思っていた 旅行のお土産は賞味期限も切れ

あはは・・・という 再会。




しかし、古くからの友(悪友^^)というのは いいものだ。

ゴチャゴチャとしたコトバや説明は なにひとついらない。


ただ、お互い、ゲンキでいれば!!


昼下がり、日本橋のイタリア料理の名店 アルポンテ さんで 

ふたりで ゆっくりとランチをいただく。

 *原シェフ、そしてお店のみなさま、こまやかなお心遣いと
  すばらしいお料理とワインをありがとうございました!!




おだやかな自然光が差し込むお席に通していただいたこともあり、

わたしたちは 雲の動きで 皿の上が 薄暗くなったり、明るくなったりするのをたのしみながら、

あぁおいしいね、なんて、にっこり。


シェフのお心遣いが温かい 

美味しさに会話もとまり笑顔に

美味しいという幸福の共有

ワインものんじゃうのだ

淡い思い出たちはスイーツたちと共に





そのあとは、頬に伝う風がまだひんやりと冷たいけれど

ちょっと酔い覚ましをしようか笑・・・なんて 茅場町を目指しながら

てくてく歩く。

なぜか 大手町に到着。  


そういえば 昔ふたりで北海道内を ユースホステル と 

JR北海道 の 周遊券 を使いながら

20日間回ったときも こんな道中だった。

あのときは ヒッチハイクもしちゃったっけ。 (今はできないだろう・・)



むかし二人で旅行したね!


いつものセワシナイ空間が ゆったりと見える。


そういえば 老人介護のお仕事をしている彼女は、しゃべるのも歩くのも

わたしよりも ずいぶんと SLOWで

再会した瞬間、「あれ?なんだなんだこのSLOW感・・」と面食らったが

別れるころには ふたりで ゆったり 歩いていた。


お花見エリアは早くも争奪戦だっ(テープ跡たくさん)


つよいときも よわいときも うれしいときも かなしいときも

ついてるときも ついてないときも 元気なときも 死にそうなときも

どこかで つながっていられる ともだち って ほんとうに たいせつだ。



つぶやき | comments(0) | trackbacks(1)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://tunagite.jugem.jp/trackback/418
Trackbacks
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/05/22 7:42 AM
Potency
archives