トンロー市場 お魚篇  @BANGKOK


バンコクは日本よりも▲2時間時差があるので、
ふしぎと得した気分になります。(笑)


朝ごはんを終え、
朝の連続ドラマ(NHK8時〜)を見終えても
バンコクタイムでは、まだ6時15分。
(ありがたいことに日本のテレビ、全局リアルアイムで見れてます)


7時過ぎに、
「今日はお魚屋さん出てるかな?」と期待を胸に徒歩5分のトンロー市場へ。


わ! 今日は 出店してるっ♡

DSC_0876.jpg
 

DSC_0873.jpg
 

DSC_0875.jpg
 

沖縄にいそうな魚種・・
DSC_0872.jpg
 

サバみたいなのも・・
DSC_0878.jpg
 

こちらのお姉さんは、ひとつひとつ エビをえりすぐり中♪
DSC_0870.jpg
 

お姉さん、かなりの量、ご購入予定!
DSC_0871.jpg
 

塩蔵しているっぽいものもありました。気になります。
DSC_0869.jpg
 

わたしは、エビとイカと鯵を(鯵と似ている魚種と信じ・・笑)籠にいれ、

「これください〜♪」

野菜と同様、魚も好きなものを好きなサイズ少量から買えるのはうれしい!


さて、いくらかな〜と思いつつ、
旦那さんが秤で軽量する姿をのぞいていたら

奥さんのほうが、さっと、軽量後の 鯵(のような魚)を取り、
下処理しはじめてくれている!!


ま、ま、まさかの、以前見たことがある、
魚の頭をグギーっと後転させたかのような、そこから頭切るの?的な
あのアクロバティックな下処理をしてくれてるのかぁあ?!と想いつつ・・
DSC_0867.jpg



 
家にもどってみてみたら、予想に反して ふつうでした(笑)

​鱗もひいてくれ、エラも内蔵もとってくださっていて、わぁ、ありがたや
​ん?なにか入っていると思ったら、腹子を残してくれていました♡
愛を感じます。

DSC_0882.jpg
 

死後硬直のイカってる感じはもうない感じ。
ひとまず3枚におろしてみました。
頭と骨と腹子をマース煮(潮汁)したら、風味も肉質も鯵っぽいです。


あぁ、生(なま)で 食べたいなー

お刺身 欠乏症です。

だいじょうぶそうな気がするけどなー

・・・軽く塩まわしておこう。 (場合によっては酢〆!)
DSC_0892.jpg

 

肉質やわらかそうなイカ。
イカそうめん か ほんとうにサッとボイルかな〜
 
DSC_0886.jpg


エビも とてもきれい。
DSC_0889.jpg


DSC_0891.jpg


全部で、195バーツ
(いまは1バーツ3.3円くらい)だから 650円弱。


タイの飲食店は、卸が間に入っていて、
築地や産地からday1くらい(注文翌日には魚が店に入る)
しっかり鮮度確保されているのに対して
小売のスーパーなどのお魚は、流通・仕入れがどうなっているのか・・
鮮度も魚種もときめくことが ほどんどないうえ、
高嶺の花(高値の花)で、なんとなく、魚は外でいただくもの・・
そんな日々を過ごしておりました。泣。

そんなこんなで、「ロスお魚」の日々でしたが、
今日で市場ですこし活路を見いだせたような・・

もっとタイ語も知って、お魚やさんに教えていただこう!!

あとは、わからないながらも、
やっぱり自分の目と舌とお腹の具合で判断し、
自己責任ということで トライ&エラー していきますっ♡

食は冒険なり!?

 
ぽてん EYES | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://tunagite.jugem.jp/trackback/759
Trackbacks
Potency
archives