タイから日本へ

*ひさびさのブログの更新で恐縮です。

 11月下旬からタイ・バンコクに滞在しておりました!

 

 

敵意はナイです口角クキっとしたホホエミではなく、

 

きょうもげんき?ごはん食べたっ?的なほほえみを

 

すこしずつ交せるようになってきた タイ暮らし。

 

しどろもどろながらもタイ語で話しかけられるようになって

 

タイ人の感性や志向に少し触れられるように^^

 

街の中におだやかなに挨拶を交せるひとがいるってことは

 

ほんとうにしあわせなことだと実感。

 

その一方で(噂に聞いた)

 

「タイ人には13のほほえみ方がある」は 未だ解明できておらず(笑)

 

でもわたしは日々の暮らしで出逢うタイの方の 笑顔がだいすきになりました。

 

さてそんななか 本日より日本へ。

 

サバイサバイのタイから、 さぶいさぶいの日本へ♡ 

 

いざ!! インフルめちゃ流行っているみたいですね〜 ・・ウォオ (゜レ゜)

 

以下はタイの景色です^^

 

1.jpg

ドラちゃんはほんとうに愛されてるっ 世界基準!

 

 

 

2.jpg

アユタヤのワットヤイチャイモンコンの建屋の天井。 清らかでやさしい

 

 

 

3.jpg

祈りの際、金箔をはられる仏像。いろいろな祈りが重なりつつまれていく。

 

 

 

4.jpg

犬が目をあけている(起きている)ことのほうがめずらしいバンコク。

 

 

 

5.jpg

電線とグリーンの共生 

 

 

 

6.jpg

good market ☆

 

7.jpg

カオトムマット(もち米とバナナのバナナの葉っぱ包み蒸)

沖縄のムーチーのような優しい味わい。

 

 

8.jpg

肩を寄せ合い同席の屋台。スマホ見ながら、

クィッティオ(麺料理)など調味料をまぜまぜ、

とことん自分好みの味をつくる^^

 

 

 

 

9.jpg

シルクの織物だけでなく、麻糸をつかった織物や、

染め物、貝を細工にあしらうライナーなど。

マニュアルのない伝承の世界。地域やつくり手の個性も。

奥深し!

 


10.jpg

 魚をモチーフにしたお守り。にほんと通じる感あり。 

 

 

 

11.jpg

長く長く。街角の古木

 


12.jpg

EAT(Eat All Thai) ♡♡♡

 


13.jpg

ルークチュップ(果物の形の緑豆あんの練り菓子)

指先ほどの小さいつやつやのお菓子。

このビビットな色調、

(最近は着色料を使用しているものも時折あるようですが)

基本、天然・植物由来なのだとか。

日本の主菓子とは異なる鮮やかさ。

 

14.jpg

ストローを提供するのか・・

生まれてはじめて、ビールをストローで飲みました 笑

 

 

15.jpg

ローズアップル。 さっぱりとした風味、

シャリシャリとした食感がたのしい。

 

 

16.jpg

小肌の握り@Kenji's Laboさん。
タイで日本のおいしさを伝えるすてきな飲食店や料理人の方々、すごいです。

それを支える産物のつくり手、流通野方がいることも。

 

 

わたしも 日本で 

がんばりますっ!

 

 

 

 

つぶやき | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://tunagite.jugem.jp/trackback/766
Trackbacks
Potency
recent entries
archives